掛川東病院 介護老人保健施設桔梗の丘

文字サイズ

掛川東病院の特徴

掛川東病院 ホーム > 掛川東病院の特徴

掛川東病院の特徴

掛川東病院は回復期リハビリテーション病床40床、
医療療養病床200床の合計240床のベッドを保有しております。
介護老人保健施設「桔梗の丘」も併設しており、
「桔梗の丘」では100床のベッドを保有しております。

画像:掛川東病院

入院、入所中の患者さんの状態に合わせたケア

図:フロア案内

当院では上記のようにそれぞれ役割の違った病棟(回復期リハビリテーション病棟医療療養病棟介護老人保健施設)があるため、患者さん個々に合わせたケアが可能となっており、入院中・入所中に容態が変化しても柔軟な対応が可能です。
例えば、回復期リハビリテーション病棟の算定日数経過後、在宅での受け入れが困難な患者さんにつきましても療養病棟でリハビリを続け在宅復帰を目指す事も可能です。
療養病棟入院の患者さんにつきましても、状態が軽快に向かい医療の必要性が少なくなっても、在宅での受け入れが困難な場合には老人保健施設「桔梗の丘」にてスムーズに受け入れを行うことができます。

退院、退所後のアフターケア

図:病棟の役割

回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟、介護老人保健施設「桔梗の丘」から退院、退所した患者さんにつきましても当院では「通所リハビリテーション」、「訪問リハビリテーション」も行っておりますので、在宅に戻られた後のアフターケアを行う事が可能です。
入院から在宅へ、そして在宅でのアフターケアも一貫して行うことで、スタッフ間の情報伝達がスムーズにいき、よりよいサービスの提供ができます。

各病棟・施設の詳細

ページの先頭へ

綾和会グループ

  • 駿河西病院
  • 焼津ケアセンター
  • 掛川北病院
  • 浜松南病院