掛川東病院 介護老人保健施設桔梗の丘

文字サイズ

病院概要

掛川東病院 ホーム > 当院について > 病院概要

地域・救急病院・診療所から患者さんを受け入れ、掛川東病院では在宅復帰をめざした医療を行います。

画像:施設案内図

介護保険適応の方は、介護老人保健施設「桔梗の丘」で社会復帰に向け、QOLを高めます。
在宅復帰後は、病院併設型の「通所リハビリテーション」による訪問介護・訪問リハビリを提供し、在宅生活をサポートします。
居宅介護支援事業所も備え、ケアマネージャーによる介護相談・ケアプラン作成も行います。

掛川東病院は、患者さんに優しく、職員が安心して働ける病院です。

  • 地震に強い免震構造 大切な患者さん・職員の命を守ります。
  • 院内保育所完備乳児からお預かりします。(3歳まで)
  • 職員の動線を最小にT字型に病室を組み、動線が短い病棟です。

画像:フロアー紹介

施設概要

名称 医療法人社団 綾和会 掛川東病院
介護老人保健施設 桔梗の丘
所在地 〒436-0030 静岡県掛川市杉谷南1丁目1-1
診療科目 内科、整形外科、リハビリテーション科、(併設:介護老人保健施設)
病床数 340床(病院240床、老健100床)
建物 免震構造5階建て
敷地面積 22087.09m²
延床面積 15154.18m²

アクセス

医療法人社団 綾和会 掛川東病院
介護老人保健施設 桔梗の丘

〒436-0030 静岡県掛川市杉谷南1丁目1-1

  • バスの場合市街地循環バス「南回り」停留所「希望の丘」(所要時間9分)
  • 車の場合東名高速道路・掛川インターチェンジより車で1分
  • タクシーの場合掛川駅南口よりタクシー所要時間約5分

設立の経緯

回復期リハビリ病棟・療養型病棟・老人保健施設を準備して
地域の皆様のため幅広い医療を提供します。

平成27年4月の開院をめざし、掛川東病院、介護老人保健施設桔梗の丘が誕生することになりました。

静岡県中東遠地区において地域完結型の医療をめざす中、急性期医療を担当する中東遠総合医療センターが開設されました。同病院は、掛川市・袋井市の2つの総合病院の合併により建設された地域の救急及び総合医療を担当する総合病院です。

また『健康医療日本一のまちづくり』をめざす掛川市において、旧掛川市立総合病院8haの広大な跡地を利用し、全国的に注目されている『希望の丘プラン』を進めています。医療・介護・福祉・保健・教育の多機能施設を希望の丘に集約し、官・民の協力のもと一体的に地域の健康福祉に貢献する計画です。
その希望の丘に、掛川市からの強い要望を受け掛川東病院・介護老人保健施設桔梗の丘が誕生することになりました。医療・介護を担当するプラン最大の施設として、掛川東病院・介護老人保健施設桔梗の丘は中心的な役割を担っていくことになります。

新設の掛川東病院は、主には中東遠総合医療センターの転院先としての機能を有します。急性期医療を終了した回復期や在宅復帰準備の患者様および慢性維持期の患者様の医療を担当します。そのため、各種の地域連携パスの導入を行い、急変患者、亜急性期の患者の診療・受入れも可能とする設備を設置します。また地域の5つの総合病院および近隣のクリニックと連携し、入院からの在宅復帰、在宅復帰後のフォローアップ、QOLを尊重した療養生活を支援します。

また、2025年に迎える高齢者人口のピークに備えた対応を検討しており、介護老人保健施設、通所リハビリテーション、在宅医療・介護保険分野の整備にも力を入れております。

この度の掛川東病院・介護老人保健施設桔梗の丘の開設により、私たちの法人綾和会は1040床の病床、職員数1000名を超えた医療法人となります。『患者さんを中心に考えた医療・介護を提供』を理念に掲げた法人が運営する病院です。患者さんのため、地域の医療のために医療介護を志す皆さんの理想を実現することができる病院つくりを進めてまいります。

ご挨拶

画像:掛川市長 松井三郎

掛川東病院・介護老人保健施設の桔梗の丘職員募集に寄せて

掛川市は、市立病院跡地を「健康医療日本一のまちづくり」の中核ゾーンとして、医療、保健、福祉、介護、教育に関する諸施設を整備する「希望の丘」プランを進めています。

掛川東病院と介護老人保健施設桔梗の丘は、地域完結型医療体制を整えつつある中東医療圏において、中東遠総合医療センターをはじめとする、急性期病院の機能を補完する重要な施設です。 また、超高齢社会を進む我が国における、地域を支える総合施策のモデル的な取り組みである希望の丘の中核を担う役割を期待し、掛川市が強く医療法人社団綾和会様に開設をお願いしたものです。

これらの施設が本市地域医療と福祉の更なる向上に繋がるとともに、綾和会様ならびに関係する皆様の益々のご発展、ご活躍をお祈り申し上げ、推薦の言葉とさせていただきます。

画像:横田通夫

中東遠の総合病院・介護保険施設と連携・協力し後方支援を。

このたび、掛川市より要請を受け、掛川東病院・老人保健施設「桔梗の丘」を開設することになりました。当病院・施設は、中東遠医療圏を中心に、地域基幹病院である各総合病院、地域医療の主体である病院・診療所、地域在宅復帰機関である介護保険施設等と連携を図り、地域保健医療・福祉を推進すべく、協力及び後方支援を担っていく所存であります。

綾和会が運営する医療施設は、駿河西病院・焼津ケアセンター(焼津市)、掛川北病院(掛川市)、浜松南病院(浜松市)と合わせ4病院2施設・総ベッド数が1,000床を超すことになり、地域の事情に適した医療・福祉サービスを提供していくことになります。

現在の日本の医療の最大の問題点は、救急医療・急性期医療につながる慢性期医療・在宅医療への移行が効率的に行われず、そのひずみが患者さんへのリスクとなっていることです。当病院・施設では、患者さん・利用者さんに、安心して利用していただけるように最大限の努力をいたします。

「常にやさしい心と笑顔で、患者さん、利用者さんに医療・看護・介護を提供する」という綾和会の理念のもとに、スタッフ一同仕事に励み、地域社会のために尽くして参りますので、地域の皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ

綾和会グループ

  • 駿河西病院
  • 焼津ケアセンター
  • 掛川北病院
  • 浜松南病院