掛川東病院 介護老人保健施設桔梗の丘

文字サイズ

代替医療

掛川東病院 ホーム > 特色と取り組み > 代替医療

代替医療とは通常の「西洋」医療に代わりに用いられる医療のことです。漢方薬、ハーブ療法、アロマ療法、鍼灸等たくさんのものが含まれています。アメリカ国立衛生研究所には代替医療センター(NCCAM)が置かれ、西洋医学では完治しきれない慢性疾患の治療に適応されています。

園芸療法

敷地内に園芸療法スペースを設け、入院患者さんに季節の草花を植えていただいております。また、園芸療法の専門家を招いて講習会などを開催しています。

漢方外来

漢方とは

漢方は、もともと中国(漢)で発達し、日本に渡って独自の発展をしてきた伝統医学です。患者さんの自覚症状を重視し、病気や体調不良を身体全体の不調和ととらえ、正しくととのえる(自然治癒力の向上)のが目的となっております。当院では脈診・舌診・腹診など東洋医学の伝統的な診断方法に基づいて、個々の患者さんに最も適した伝統的な漢方薬による治療を行っております。

漢方外来担当医

北里大学東洋医学総合研究所
鍼灸診療部長 副センター長
漢方診療部部長兼務 伊藤 剛医師
1982年浜松医科大学卒業。浜松医科大学第一内科助手を経て1996年より北里大学東洋医学総合研究所勤務。現在、所長補佐、臨床准教授、漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部部長・漢方診療部部長)。漢方・消化器病・消化器内視鏡の専門医。日本東洋医学会指導医・代議員、日本自律神経学会評議員、他。

出身 浜松医科大学(昭和57年度卒)
専門 漢方(冷え症・消化管機能異常全般・心身症・全般)・鍼灸全般
内科(消化器・自律神経・一般)
認定資格 日本東洋医学会認定専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医、日本内科学会認定医

こんな方々が漢方治療を受けに来ます

漢方治療は老若男女問わず受診されております。冷え性、消化管疾患、月経不順や心身症など様々な疾患をお持ちの患者さんが受診されます。上記に該当する症状がありましたら1度ご相談ください。

診療日

漢方外来は毎週水曜日に診療を行っております。
予約制となっておりますので必ずお電話にてご予約をとられた上でご来院ください。

診療日・問い合わせはこちら

ページの先頭へ

綾和会グループ

  • 駿河西病院
  • 焼津ケアセンター
  • 掛川北病院
  • 浜松南病院